-

キャッシングサービスをご利用する時は、使用する会社の審査に申し込んで、そのキャッシングサービスの審査を通過する必要があります。77-4-147

となると、そのような審査において、利用者のどういった項目が審査されるでしょう。77-17-147

キャッシング会社は審査の申し込みを受けると、まず最初、弊社の登録データに申込みした方が登録済みか調べてきます。77-14-147

そして、信用情報機関等に確認して、キャッシングサービスを受けようとしている方の記録があるかどうなのか調査に移ります。77-10-147

次に、申込者の年代や過去の借り入れ経験といった、個人情報の面も確認していくのです。77-15-147

最後に、融資を利用させるかどれくらいの額の融資を許すかジャッジします。77-20-147

審査項目をパスすることで、クレジットカードが発行され、キャッシングを利用することができるようになるのです。77-5-147

お金の借入れの申し出には、自分の個人情報に関するものを丸々見せるつもりで望むことが必要です。77-12-147

自分のことはもちろん家族やお仕事や住まいの環境等も審査項目に書く必要があります。77-8-147

お金の貸付け会社の審査では、そういう判定する項目のことを属性と言って、属性の中でも、特別に大事な属性があります。77-2-147

そこで問題があった場合には、難しい審査をパスする見込み低くなってしまいます。

大切とされる属性は、その方がいったいどういう人なのかというものを判断することができ、立証がとれることについては重要とされる動きがあります。

重要視されるチェック項目の中でも、月収水準が把握できる属性も重要とされます。

月収は重要とされると考える人も多いようですが、事実上、年収は自己で申告ができるものなため、年収自体裏付けがわからない限りは大事なものでないとされています。

嘘の報告もできる項目なので、確認できるものより重視されることはないです。

また、職種の面では、中でも「退職率が低い」業種であれば、厳しい審査にも関わらず有利になります。

公務員などが一つの例で、それに次ぐものでは安定があるホワイトカラーと言われているサラリーマンなどです。

マイナスとなってしまう職業は「離職率が高い職種」なはずです。

サービス業や、日雇い、自営業や、作家なども、安定している職業とは判断されにくく、審査は厳しくなります。

その他、住み家の面では、自己の家であるかどうなのかということは当然重視されるはずだが、一緒に、住んでる年もかなり重視されます。

高級な家暮らしているかどうなのかよりは、どんな家であろうとも長期間住んでいるほうが、審査そのもの自体はプラスポイントです。

ずっと住んでいると、信用を持てると評価されるのです。

Category