-

為替への介入という言葉は耳にした事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌記事、テレビ、インターネット等の報道でご覧になった方も多いと思います。76-5-147

元から為替への介入とは我が国においては、◯財務大臣が円相場の安定化を実現させるために施行する手段として評価されています。76-15-147

簡潔に言えば、極端な円高もしくは円安になると財務大臣の言いつけをもとに日本銀行が円を売買して為替の相場を安定させるということです。76-11-147

外国為替平衡操作(為替介入)とはやり方が何通りかあるのです。76-3-147

1.単独介入・・・政府または日銀が東京市場の中で積極的に市場に参入して介入をする。76-8-147

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが相談し、各銀行などが資産を使って一斉にもしくは時々為替介入(外国為替平衡操作)して行く。76-6-147

3.委託介入・・・異国の通貨当局に対して為替介入(外国為替平衡操作)を託す。76-12-147

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外通貨当局に代わり為替の介入を執行する。76-18-147

これらの方法です。76-19-147

どの介入も短期に、あるいは当分為替の市場に大きな効果を与えると思います。76-1-147

介入のお金は当然のことですが自分の国の面子をかけて行なうのですからスケールが違うのです。

円を基本に例えると、普段はほんの少し変化しているレートが一気に大きく動きをします。

個人の投資家の方なら過去に経験があると思いますが、ここまではスムーズに含み益(あるいは損失)が多くなっている持ち高を持っていたのだが、持っている持ち高が決済しましたとのことで情報がFX業者の発信でメールが・・・どれだけ黒字になったのか(損したのかな)?と思いつつ決済通達を見ると、自分の中で思っていたのとは逆の結果になってしまいびっくりしたといったパターンがありました。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施された場合に多く聞いた話なのです。

こういったことから為替の介入を実施すると市場の変動と逆の変動をすることがわかりました。

それだけでなく動く額の範囲はかなりでかく動きますので用心が必要なのです。

Category