-

自動車事故発生した場合、あなたが交通事故の被害者であったとしても事故を起こした相手が手落ちをちっとも受け入れないという事は多数あります。

一例として、意図的に起したのではなく不注意で乗っていた車を当てられた場面などに言い争いに結果なってしまう場面がありそうです。

とは言ってその場で物損と処理され忘れた頃に自覚症状が出た際に診てもらった病院の証拠書類を提出するのでは遅れを取る感じは仕方がなくなります。

そうであるなら交通事故の過失割合はどういう基準が存在するのでしょうか?正確に言えば、警察が確定するのは、車での事故の大きな過失が考えられるのはどちらであるかという内容であり過失の割合ということではありません。

また、最終的に決められた事故の責任者が知らされる事はないです。

ですので、過失の割合がどうなのかは事故当事者の交渉の結果によって決定された、それが賠償額の算定の基準になります。

その場合に、双方共に任意で加入できる保険に未加入の時にはお互いが面と向って相談することしかできません。

ところが、当たり前ですがそういったやり方では、短絡的な口論になる状況が存在します。

これに加えて、互いの言い分に相違があれば万が一の場合、訴訟にまで進みますが、それは年月と訴訟費用かなりの損失となります。

ですから概ね、各々の当人に付く自動車の保険の会社に、こういった両方の自動車の保険の会社に話し合いを頼む手立てを活用して、過失の割合を冷静に決定させます。

この際には保険の会社は、前の自動車事故の訴訟の結果から出された元となるもの、判例タイムズ等を基に推測と調整で「過失割合」を決めます。

と言いつつも、車の事故では、遭遇したのか起こしたのかを考える前に、まず最初に警察に電話するのが大切です。

その後保険屋さんに連絡をしてその後の調整を任せるのが手順になります。

この手順さえ把握しておけば、両者の無益な話し合いとなる事を未然に防止できるに違いないのです。

Category

リンク