-

 私は、もしもお金がどうしても余計に欲しいと思ったときは、上司に対して積極的に残業でやるべき仕事はないかどうか確認するようにしています。

 会社からすれば、残業代をかけるということは余計な人件費になりますので、なるべく無駄な残業はさせたくないと考えていることは重々承知しています。

しかし、それをわかった上で、私は残業を所望することがあります。

 日々仕事をしていると「暇になったらこれをやらないと」とか「この仕事は少しでも早くやっておいたほうが良い」というような仕事が出てきます。

それを、上司の裁量で残業しても良いということになれば、私はそこで積極的に残業します。

 それは、やはり残業をすればするほどお金を稼ぐことができるからで、お金がピンチのときには残業がとても助かっています。

 ただ、あまり仕事もないのに残業ばかり求めていると上司から目をつけられてしまいますので、そこは適度にタイミングを見計らって残業を申請したいと私は思っています。

Category

リンク