-

新卒の採用面接も緊張しますが、転職の採用面接は違った意味で緊張します。

転職の場合は「社会人としての経験」を問われるからです。

転職時の採用面接のポイントを2つご紹介します。

職務経歴書を書きましょう。

転職の採用面接の場合、応募者が募集している職場の即戦力となるか? という事を中心に面接官は質問してきます。

前職の経歴の中から、応募する会社で活かすことのできる経歴やスキルを、具体的にアピールすればいいのです。

面接のときに「自分は即戦力として働けます」とアピールできるように、職務経歴書を書いておくのです。

職務経歴書の提出を求められなくても、自分のために書いておくと採用面接のときに役に立ちます。

前職の不平不満は慎みましょう。

面接の際に、前職の愚痴を長々と話す応募者がいらっしゃいますが、これはいけません。

どんなにヒドイ目にあっていても、前職の悪口は言わないことです。

「グッチっぽい奴」と思われるだけで、なんのプラスにもなりません。

働いた経験がある方ならば「自分が採用担当者なら、どんなことを知りたいか」が思い浮かぶと思います。

そのことを面接で答えられるようにしておけばいいのです。

Category

リンク